2013年10月02日

自分で作り出した限界から自由になろう

過去は生ゴミである

嫌なことは、早く忘れてしまう
よかったことも、どうせ戻れないのなら、また同じようによいことが起きるように努力する
「過去は生ゴミである」と思った瞬間、これらが可能になる
「うまくいかなかったらどうしよう」ではなく、「うまくいったらどうしよう」と悩んでみる

仕事でも趣味でも恋愛でも、自分で何かするときには、それこそうまくやって、それがうまくいった場合を想像して、悩んでみる
そう考えると、何も始まらないうちからあれこれ考えて心配するのがバカらしくなってくる。そうしたら、しめたもの
目の前のスープがおいしいかどうか知るには、とりあえず飲んでみることである

人生はシンプルでいい
何かする前に質問を100回するようなことはやめて、気楽に簡単に生きてみる
注意をしすぎると、違う注意もしなくてはいけなくなる

思い込みが強すぎて、目の前のことしか見えなくなると、うっかり大事なものを失ってしまったり、あるいはもっと重要なことに対処できなくなる
「ショックを与えるもの」は実は存在しない。「ショックを受ける人」がいるだけである

毎日起こる出来事は、あなたにショックを与えるために起きているのではないということを知っておく
いつも未完成でいるほうがおもしろい

完璧な人はいない
少し大ざっぱになったほうがいい
人間は、多少間が抜けたところがあったほうがお互い安心する
失敗よりも、失敗したままやめてしまうほうが問題である

何回失敗するかは、どうでもいいこと
大事なのは、最後に成功するか、成功するまで続けるかということ
外野はしょせんヤジ馬である

本当にあなたのことを思って、いってくれているかということ
あなたがやっていること、やろうとしていることをあなたと同じぐらい理解したうえでいってくれているか、それを見分けられるように心がける
どんな人も、始めはでたらめである

出来あがるためには、出来あがる前の状態というものが存在する
最初から出来あがっているものは何もない
学ぼうとする姿勢が人を大きくさせる

大きくなりたいと思ったら、つまらない小さなことに惑わされず、すべてが自分のためになると考える
それがコツ
その他

人は「見てくれ」である
やる気のある人にはかなわない
いま一番じゃない人にも、一番の人にはないすばらしいものがある
頑張ってもだめなときは、頑張り方を変えてみよう
未来の自分に約束する
するべきことを好きになる
「できない」と思うのは単なる錯覚である
原因が結果をつくるのではなく、結果が原因をつくる
「奇跡」とは「起こるもの」である
信用される人よりも、信頼される人になろう
できるかできないかよりも、まずは始めてみよう
何があっても「大丈夫」
自分で自分の邪魔をしない
本気になってチャレンジしているときこそ、人は初心に戻れる
「お金持ち」と「リッチ」は違う
料理のレシピをいくら持っていても、作らないかぎり何の役にも立たない
乗り越えられない壁はやってこない
自分だけが自分を輝かせることができる
自分の未来を信じられるのも、才能のひとつである
本当に忙しい人ほど、時間をつくるのがうまい
1円の大切さと1億円のすばらしさと両方わかる人になる
縁にはたくらみも計算もない
お金と人はよく似ている
posted by ふう at 10:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。